定額ウォーターサーバーCoolQoo(クールクー)の評判 水道水はデメリット?

ウォーターサーバー会社

クールクー ロゴ

「定額制のウォーターサーバー」の口コミが増えてきています。定額でお水を使い放題というメリットから、家族が多い世帯、法人、水ダイエット中の方などを中心に広まってきています。

特にここ数年で、「CoolQoo(クールクー)」という定額ウォーターサーバーが注目されています。クールクーは水道水に直結させることで、RO水(ピュアウォーター)がいつでも飲めるという、新しいシステムのウォーターサーバーです。ボトル交換が不要になることに魅力を感じ、宅配水から乗り換えたという評判も多いです。

今回は、クールクーがどれくらいお得か、安全性は問題ないか、デメリットなど、口コミで疑問の声が多かった内容を紹介していこうと思います。

水道水を飲むのは心配?

水の匂いを嗅ぐ女性

「水道水に直結」という説明を見て、水道水を飲むことに抵抗があったという口コミもありました。しかし、クールクーのお水は、不純物を99.9%取り除いたRO水なので、カルキはもちろん、環境ホルモンや放射能物質も除去されています。ミネラルもほとんど除去されているので、妊婦や赤ちゃんも安心して飲めるお水です。

クールクーのお水の品質

揺らぐ水面

クールクーのウォーターサーバーは、RO(逆浸透)膜などのフィルターが設置されています。水道水をこのフィルターを介するように繋げることで、ウォーターサーバーからRO水が出てくるという仕組みです。

「RO膜」は不純物を99.9%除去できる高浄化フィルターで、宅配型のウォーターサーバー会社でも広く使用されています。宅配水会社のRO水製造工場を自宅に持ってくるようなイメージです。

大手ウォーターサーバー会社と同じ技術で、カルキなどの不純物はもちろん、ウイルスや放射能物質も取り除いたピュアウォーターが自宅で飲めるのが魅力です。

そして、常に高いろ過品質をキープするため1年に1回、プロのエンジニアによるメンテナンスも入ります。有人メンテナンスによるフィルター交換やタンク清掃でサーバーをきれいに保ち、高品質な水を飲み続けられると評判です。

日本の水道水の安全性

公園の少女と水

実は日本の水道水は、世界でもトップクラスの安全性です。厚生労働省が定めた51項目もの水質基準項目をクリアして初めて家庭に届く水は、本来そのまま飲むこともできる衛生的な水です。

水道水が飲める国というのは世界でもまだまだ少ないので、日本の高い浄水技術が海外に輸出されています。

RO水を扱う宅配ウォーターサーバーでも、原水に水道水を使用しているブランドは複数社あります。RO膜によってろ過し、ミネラルをバランスよく配合したデザインウォーターを販売するウォーターサーバーが多いです。

設置工事は大変?

クールクーのサーバー配達

クールクーの設置は数十分で終わり、賃貸でもご利用可能です。そして、設置場所やコースを問わず無料で実施して頂けます。

具体的な設置方法は、キッチンなどに設置されている上水道に管を1本だけ通し、水道水と直結するというシンプルなもの。

水道水から離れた部屋に設置する場合も、水道水をサブタンクに繋ぐことで設置可能です。キッチンからサブタンクまで管が通ることになりますが、壁や床に這わせて固定するところまで施工してもらえます。

細い管なので、目立たないように引いてもらえば日常生活ではほとんど気にならないでしょう。

このようなきめこまやかな設置対応が、クールクーは無料で実施していただけます。宅配ウォーターサーバーによっては、ウォーターサーバーの設置は追加費用がかかることもあるので助かりますね。

どれくらい使えばお得になる?

財布と電卓を持つ女性

RO水の宅配ウォーターサーバーと比較すると、1ヶ月でおおよそ40~50L以上使用すれば、クールクーの方がお得になります。

そして、クールクーは、長く使えば使うほど割安になっていきます。

1ヶ月に40~50Lというと、一般的には3名世帯で消費する量です。1日約2Lのお水を飲む「お水ダイエット」をしている方なら、一人で消化する方もいます。人間が1日に必要なお水は1.5L~2Lと言われているので、飲み水や料理でクールクーのお水を使えば、1~2名世帯で消費することも難しくないでしょう。

クールクーの料金体系

クールクーの料金体系は、初期設置費用+月額料金で構成されています。メンテナンス料は追加発生せず、1年に1回のメンテナンスは無償で行っていただけます。

クールクーの料金体系(税別)

●ROろ過コース

  • 新規設置費用 18,000円
  • 月額費用 4,200円
  • メンテナンス料 0円
  • (電気代 約800円)

●ROろ過水素水コース

  • 新規設置費用 18,000円
  • 月額費用 9,000円
  • メンテナンス料 0円
  • (電気代 約800円)

上記にくわえて、ウォーターサーバーで使用した分の水道代がかかってきます。しかし、多くの一般家庭では、1Lあたりのお水の単価は0.1円~1円未満なので、大きな出費にはなりません。

格安宅配水「アルピナウォーター」と比較してみた

クールクーとアルピナウォーターを比較してみた

同じくRO水のピュアウォーターを提供するアルピナウォーターと、ランニングコストを比較してみました。

アルピナウォーター 料金体系(税別)

  • 初期費用 0円
  • サーバーレンタル費 572円
  • お水代(8L 686円×3本) 2,058円~
  • メンテナンス料 0円(2年に一度の訪問メンテナンス)
  • (電気代 約900円)

初期費用はかからず、定額のサーバーレンタル料と月々のお水代を支払います。

電気代はクールクーとほぼ同じくらいです。

アルピナウォーターのお水を月に48リットル利用すると、クールクーの月額料金とほぼ同じランニングコストになります。つまり、この2社を比較した場合、おおよそ1ヶ月に50リットル以上の水を使うなら「クールクー」の方がお得です。

クールクー・アルピナウォーター 月々のランニングコスト(税別)

●クールクー(3年契約)の場合:4,700円
(新規設置費用18,000 + 月額費用4,200円×36ヶ月) ÷ 36ヶ月 = 4,700円/月

●アルピナウォーターの場合:4,688円
サーバーレンタル料 572円+お水代 8L×3本入り(2,058円)×2箱=4,688円/月

アルピナウォーターは、宅配水業界の中でも最安値のお水代が強みのブランドです。他社のRO水の宅配ウォーターサーバーだと、40リットル前後の消費量でクールクーの方がお得になります。

※契約内容の変更手数料にご注意

困る女性と電卓

クールクーはサーバー撤去時に撤去費用18,000円+税がかかります。契約期間3年以降は早期解約料を支払う必要はなくなるものの、サーバー撤去に再度訪問が必要になるので、撤去の費用は別途負担になるのです。水道水に直結させているため生じるデメリットの一つです。

他にも、契約中の内容変更には下記費用がかかるので注意が必要です。

契約内容変更手数料(税別)

  • 早期解約…3年未満で20,000円
  • 撤去費用…18,000円
  • コース変更手数料…36,000円 ※

※コース変更について
ROろ過水コースからROろ過水素水コースに変更するなど、コースを変えると「設置済みサーバーの撤去」と「再設置」が必要となるため、撤去費用(18,000円+税)と新規設置費用(18,000円+税)が掛かってしまいます。

クールクーは長く使えば使うほどお得になりますが、契約内容の変更をすると他社以上に高い手数料が発生してしまいます。契約時はどのコースにするか、しっかり吟味することをおすすめします。

クールクーのメリット・デメリットまとめ

マルバツ札を持つ女性

クールクーのメリット・デメリットと、どんな人におすすめかをまとめました。

■クールクーのメリット

  • ウォーターボトル交換・回収の手間が要らない
  • 水を多く使うほど割安になる
  • 水素水のコースも選べる

お水の消費量が多い人は、宅配水を利用する場合もボトル交換の頻度が高いはず。そんな方が、ボトル交換不要で飲み放題になるという点はとても大きなメリットです。また、水素水コースで水素水を飲むだけでなく、洗顔にも使うことで美肌効果が得られたという評判もあります。

■クールクーのデメリット

  • 短期間や少量の利用だと割高になる
  • 契約内容変更時の手数料が高い
  • RO水(ピュアウォーター)しか飲めない

ライトユーザーや、お試しでウォーターサーバーを導入してみたい、という方にとっては、解約時の負担の大きさがデメリットになります。また、ウォーターサーバーでミネラル豊富な天然水を飲みたい、という方は宅配水を検討するべきでしょう。

クールクーがおすすめの方

  • 安全なRO水が飲みたい(赤ちゃんにも飲ませるなど)
  • お水の消費量が多い(人数が多い、料理にも使いたいなど)
  • 長くウォーターサーバーを使いたい(3年以上を想定)

宅配水のほうが向いている方

  • 天然水を飲みたい
  • お水の消費量はそこまで多くない
  • お試しでウォーターサーバーを導入してみたい

CoolQoo(クールクー)公式サイトはこちら