コスモウォーターの人気天然水「富士の響き」はどんな水?赤ちゃんも飲める?

富士の響き

ウォーターサーバー売上No.1のコスモウォーターでは、天然水を3種類から選べます。

採水地や硬度などの特徴が異なる天然水から、好きな味わいや効能のものを選べる点も人気の理由です。全種類試してみるという方や、気分によって水の種類を変えるという人もいます。

選べる天然水の中でも、富士山麓のお水「富士の響き」というお水にはバナジウムが入っていることから、健康志向の方の間で評判です。

今回は、「富士の響き」と他の天然水との2種の違いや、赤ちゃんにも飲ませて良いかなど、ウォーターサーバーを検討中の方が気になる特徴をまとめました。

コスモウォーター唯一のバナジウム天然水

森の中のグラス

富士の響きは、コスモウォーターの天然水3種の中で唯一バナジウムというミネラルを含んでいる天然水です。

バナジウムは富士山麓で採れる水の特徴のひとつです。自然の水が富士山の地下で、玄武岩を通過して天然水となることでバナジウムが溶け込みます。

バナジウムはデトックス効果脂肪燃焼の促進コレステロール値を下げるなどの効能があります。健康や美容のために水を飲みたい人には、バナジウムが溶け込んだ富士の響きはおすすめです。

■「富士の響き」の採水地

富士の響きは、静岡県御殿場市という富士山麓の東側で採水しています。

水田やわさび栽培の田んぼがあり、枯れることのない富士山の湧き水によって高品質な農作物を育てています。

中でも、富士山の湧き水で作る「真妻(まつま)種」というわさびは、希少価値が高い高級わさびとして評判です。

バナジウムの毒性の噂

悩む女性

バナジウムに毒性がある、という情報を見かることがあります。

金属元素としてのバナジウムに一定の毒性があることから、バナジウム天然水についても不安を感じる方がいるかも知れません。

しかし、バナジウム天然水で体に害が出る危険性がないと考えて大丈夫です。

なぜなら、バナジウムを1日の摂取量目安以上摂ること自体が難しいので、身体に毒になるまで飲むことはほぼ不可能だからです。

バナジウムの1日の摂取量目安は、1.8mgまでと言います。一方、富士の響きのバナジウム含有量は平均約6.1㎍(マイクログラム)/L。

つまり、富士の響きを1リットル飲んでも、バナジウムは0.0061mgしか摂取できません。

1.8mgのバナジウムを富士の響きだけで摂ろうとすると、1日295リットル飲まないといけない計算になります。日常的に飲む分には毒性を心配することはありません。

バナジウムは1度にたくさん摂取するよりも、少量でも継続して飲む方が効果が期待できます。

飲み水なら無理なく摂取できるので、バナジウムの健康・美容効果を得たいならばバナジウム天然水を飲み続けることが望ましいです。サプリメントより手軽に継続しやすいかと思います。

バナジウムの過剰摂取によるデメリットとしては、インスリンの過剰摂取と似た下痢やエネルギーの低下という症状が考えられます。しかし、気にせずに健康のために飲んでも問題ないかと思います。

コスモウォーターの天然水3種を成分比較

コスモウォーターの天然水3種の成分を比較してみました。

全てモンドセレクション金賞を受賞している世界品質の天然水で、同じ価格(12リットル1,900円+税)なので、好みの硬度やミネラルの成分で選ぶことができます。

■奥京都「古都の天然水」
・採水地:京都府
硬度 30mg/L
コスモウォーターの中で最も硬度が低い天然水です。

■富士の銘水「富士の響き」
・採水地:静岡県
硬度 53mg/L
コスモウォーター唯一のバナジウム天然水です。

■日田天然水「日田の誉」
・採水地:大分県
硬度 62mg/L
コスモウォーターの中で最も硬度が高く、免疫力を高める有機ゲルマニウムを含んでいます。

成分表(100mlあたり) 古都の天然水 富士の響き 日田の誉
カルシウム 0.8mg 1.5mg 1.66mg
ナトリウム 0.97mg 1.3mg 4.88mg
マグネシウム 0.16mg 0.36mg 0.48mg
カリウム 0.05mg 0.16mg 0.8mg
バナジウム 6.1㎍
有機ゲルマニウム 0.4㎍
亜鉛 0.016mg

赤ちゃんも飲むことができる軟水

ミルクを飲む赤ちゃん

富士の響きは硬度は53mg/Lの中軟水です。市販のミネラルウォーターでいうと、ボルヴィックに近い硬度で飲みやすい味わいです。

赤ちゃんに硬度の高いミネラルウォーターを飲ませると内臓に負担がかかりますが、硬度50~60mg/L前後の軟水でしたら飲ませても問題ありません。(→硬水と軟水の違いとは

赤ちゃんのミルク用などにも使ってOKです。

ウォーターサーバーで簡単に粉ミルクを調乳する

ミルクを作る女性の手

粉ミルクは一般的に70℃以上のお湯でないとうまく溶けませんが、赤ちゃんに飲ませる時は人肌に近い40℃くらいまで冷ます必要があります。

家事が忙しいと、この手間をかけるのが大変だったりします…。

ウォーターサーバーをうまく使うと、ミルク調乳の時間が大幅に短縮できるので、手軽な作り方をご紹介します。

■ウォーターサーバーで簡単にできる、粉ミルク調乳のやり方

1.粉ミルクを入れた哺乳瓶に、ウォーターサーバーのお湯を半分~3分の2くらいまで注ぐ

2.粉ミルクを十分溶かす

3.粉ミルクが溶けたら、残りは冷水を注いで人肌くらいまで冷ます(腕の内側に落とす、もしくは哺乳瓶を当てて少し熱いくらい)

※ウォーターサーバーの天然水はカルキなどが入っていないので、沸騰させてから冷ます必要はありません。ウォーターサーバーから注いだお湯をそのまま使ってOKです。

良質な天然水を飲めるだけでなく、時短もできることがウォーターサーバーのメリットです。

水の安全性を確保する取り組み

コスモウォーターのお水は全て、採水やボトル製造などの製造を一貫して自社工場で行い、厳しい成分検査を行っています。

放射能物質の検査も、専門機関を通して定期的に行った上で検査結果を公開しています。

東日本大震災があった2011年以降、東日本の天然水の放射能汚染を心配する人が増えたこともあり放射能検査を行っていますが、放射能物質が検出されたことはありません。

安心して飲める高品質の天然水と言えます。

コスモウォーター公式サイトはこちら

ページトップへ