クリクラ・アクアクララ・アルピナウォーター RO水ウォーターサーバー比較(完全版)

ウォーターサーバー比較・検証

RO水3社比較

なるべくコストを抑えてウォーターサーバーを使いたい場合は、RO水のウォーターサーバーがおすすめです。

特に、RO水の大手ウォーターサーバーブランドクリクラ・アクアクララ・アルピナウォーターの3社の中で迷うという方も多いです。

お水代が安いのはアルピナウォーターですが、サーバーレンタル料が無料なのはアクアクララとクリクラ…など、3社とも料金体系が異なるので、トータルコストでの比較は難しいです。

今回は、人気RO水ウォーターサーバーブランド3社を、コスト面を中心に、他の検討材料も合わせて比較してみました。

業者 クリクラ アクアクララ アルピナウォーター
コスト
デザイン
硬度 30mg/L 29.7mg/L ~1mg/L
お水ノルマ 3ヶ月で6本 なし なし
解約金 なし あり あり

項目別に、詳細をまとめました。

一番安いのは?~トータルコスト比較~

計算機を持つ女性

クリクラ・アクアクララ・アルピナウォーターの各料金を確認して、1ヶ月に24リットル使用した場合の価格(税別)を計算してみます。

ここでは、早期解約金以外にかかる費用(電気代も含む)を全て考慮したトータルコストを比較しています。

1.クリクラ
クリクラには通常のウォーターサーバーと、省エネモデルのウォーターサーバーがあります。省エネサーバーの場合は、初回金に7,000円が別途必要です。

■通常サーバー
500mlあたり 81.6円

・初期費用 0円
・サーバーレンタル費用 0円 ※例外あり
・お水代 12L 1,250円 ×2本 = 2,500円 
・お水の配送料 0円
・電気代 約1,000円
・イヤーメンテナンス 5,000円/年 →月割りで417円/月

合計:約3,917円+税/月

■省エネサーバー
500mlあたり 71.2円

・初期費用 0円
・サーバーレンタル費用 0円 ※例外あり
・お水代 12L 1,250円 ×2本 = 2,500円 
・お水の配送料 0円
・電気代 約500円
・イヤーメンテナンス 5,000円/年 →月割りで417円/月

合計:約3,417円+税/月

※省エネサーバーを使用する場合は初回金7,000円+税が必要です。

1年間ウォーターサーバーを使用したと仮定して、月割りした583円を足すと、約4,000円+税/月となります。500mlあたり83.3円です。

2.アクアクララ
ウォーターサーバーは全て省エネ仕様で、電気代が安いのが特徴です。しかし、毎月のサーバーメンテナンス料「あんしんサポート料」が1,000~1,500円必要です。

■アクアアドバンス(カラー8色展開)
500mlあたり 88.5円

・初期費用 0円
・サーバーレンタル料 0円(※ドレスアップサーバーは除く)
・お水代 12L 1,200円 ×2本 = 2,400円
・お水の配送料 0円
・電気代 約350円
・あんしんサポート料 1,500円

合計:約4,250円+税

■アクアスリム(床置き型)
500mlあたり 85.4円

・初期費用 0円
・サーバーレンタル料 0円
・お水代 12L 1,200円 ×2本 = 2,400円
・お水の配送料 0円
・電気代 約700円
・あんしんサポート料 1,000円

合計:約4,100円+税

■アクアスリムS(卓上型)
500mlあたり 91.7円

・初期費用 0円
・サーバーレンタル料 0円
・お水代 12L 1,200円 ×2本 = 2,400円
・お水の配送料 0円
・電気代 約1,000円
・あんしんサポート料 1,000円

合計:約4,400円+税

3.アルピナウォーター
お水代は業界最安値です。ただし、エリアによって配送料や配達されるお水が変わるため、月額料金は変動します。省エネモデルのウォーターサーバーがないので電気代はやや高め。サーバーレンタル料も発生します。

アルピナウォーターの配送エリアの詳細は、公式サイトをご参照ください。

■関東エリアでウォーターサーバー使用
500mlあたり 72.6円

・初期費用 0円
・サーバーレンタル料 572円
・お水代 12L 948円 ×2本 = 1,896円
・お水の配送料 0円
・電気代 約1,000円

合計:約3,468円+税

■関東以外の本州でウォーターサーバー使用
500mlあたり 75円

・初期費用 0円
・サーバーレンタル料 572円
・お水代 8L 686円 ×3本 = 2,058円
・お水の配送料 0円
・電気代 約1,000円

合計:約3,630円+税

■北海道・四国・九州でウォーターサーバー使用
500mlあたり 85.2円

・初期費用 0円
・サーバーレンタル料 572円
・お水代 8L 686円 ×3本 = 2,058円
・お水の配送料 459円
・電気代 約1,000円

合計:約4,089円+税
 

結果は下記のようになりました。

業者/価格(税別) 月間トータルコスト 500mlあたりの価格
クリクラ(通常サーバー) 3,917円 81.6円
クリクラ(省エネサーバー) 3,417円 (+初回金7,000円) 71.2円(83.3円)
アクアクララ アクアアドバンス 4,250円 88.5円
アクアクララ アクアスリム(床置き型) 4,100円 85.4円
アクアクララ アクアスリムS(卓上型) 4,400円 91.7円
アルピナウォーター(関東) 3,468円 72.6円
アルピナウォーター(関東以外の本州) 3,630円 75円
アルピナウォーター(北海道・四国・九州) 4,089円 85.2円

月額費用の最安値はクリクラ(省エネサーバー)でした。

しかし前述の通り、クリクラの省エネサーバーは初回金が7,000円必要です。このコストを考慮して計算すると、地域によってはアルピナウォーターの方が安くなります。

■関東エリア
クリクラ(省エネサーバー)導入から10年まではアルピナウォーター(関東エリア)が安いです。

かなり長いスパンでの話ですが…関東エリアでRO水のウォーターサーバーを使うなら、アルピナウォーターがとてもお得だということがよく分かるかと思います。

■関東以外のエリア
1~2年の間ならばクリクラ(省エネサーバー)より、アルピナウォーターの方が安いです。

3年以降はクリクラの省エネサーバー初回金7,000円が割安になっていき、クリクラの方がお得になります。長期的に見ると関東エリア以外の人はクリクラがおすすめです。

アクアクララは、月額メンテナンス料のあんしんサポート料が意外と高くついてしまうようです。

しかし、アクアクララには充実のサポート体制や豊富なデザイン、マイルが貯められるなど、2社にはないメリットもあります。

次に、価格以外の要素を比較してみます。

デザインは?~サーバーの種類数比較~

インテリアにもこだわりたい方や、ひと目に触れる場所にウォーターサーバーを設置する予定の法人・個人事業主の方などは、ウォーターサーバーのデザインも気になるところだと思います。

デザイン比較は、アクアクララの圧勝かと思います。

クリクラとアルピナウォーターは白のウォーターサーバーのみですが、アクアクララは全8色のカラフルなモデルやキャラクターデザインもあります。

1.クリクラ
クリクラ ウォーターサーバー

通常サーバーも省エネサーバーも、床置き型か卓上型かのみ選べる仕様で、デザインは白いシンプルなもののみです。

■サーバーのデザイン数:4種
・通常サーバー(カラー:1色/床置き or 卓上)
・省エネサーバー(カラー:1色/床置き or 卓上)

2.アクアクララ
アクアクララ ウォーターサーバー

8色から選べるアクアアドバンス、白いボディのアクアスリムにくわえて、限定販売のキャラクターパネルもリリースしています(2017年は、進撃の巨人モデル、チャプリンモデルの取り扱いあり)。

■サーバーのデザイン数:11種~
・アクアアドバンス(カラー:8色/床置き)
・アクアスリム(カラー:2色/床置き)
・アクアスリムS(カラー:1色/卓上)
・限定キャラクターパネル(時期によってデザイン数変動)

3.アルピナウォーター
アルピナウォーター ウォーターサーバー

選べるのは床置き型か卓上型かのみ。カラーはどちらも白無地です。

■サーバーのデザイン数:2種
・床置き型サーバー(カラー:1色)
・卓上型サーバー(カラー:1色)

特に女性の方や、店舗などに設置予定の方は、サーバーの見た目も大切な検討条件かと思います。アクアクララのデザインの豊富さは魅力ですね。

水の種類は?~硬度比較~

揺らぐ水

クリクラとアクアクララが、一度ろ過した水にミネラルをくわえたデザインウォーターなのに対し、アルピナウォーターはろ過後にミネラルを添加しないピュアウォーターです。

クリクラとアクアクララは一般的なミネラルウォーター(いろはすなど)に近い硬度に調整されているので、日本人が飲みなれた味わいです。

アルピナウォーターは、純水(真水)に近い状態にされているので、ほぼ無味無臭です。無添加の手作り化粧水に使えたり、洗顔に使えたりといった「飲む」以外の使用もできます。

成分表
(100mlあたり)
クリクラ アクアクララ アルピナウォーター
硬度 30mg/L 29.7mg/L 1mg/L以下
カルシウム 0.66mg 0.98mg 0.02mg
ナトリウム 0.5mg 0.5mg 0.06mg
カリウム 0.17mg 0.17mg 0.01mg
マグネシウム 0.33mg 0.12mg 0.01mg

3社とも硬度の低い軟水なので、赤ちゃんのミルク調乳用にも問題なくお使いいただけます。

お水のノルマはある?~月々の必要購入数比較~

水が入ったコップ3つ

一人暮らしの方や、出張・旅行などでお水の使用量が変動しやすい方は、月々のお水のノルマも確認しておくと安心です。

実は3社とも毎月のノルマは設定されていません。その代わり、お水を注文しなかった月も別途費用は発生します。

1.クリクラ
3ヶ月のご利用本数が6本(12L×6本=72L)未満の場合、サーバーレンタル代1,000円+税が発生

つまり、1ヶ月に2本(24L)ペースで使用していればサーバーレンタル代は発生しません。

2.アクアクララ
月間のノルマはないが、水を注文していない月もあんしんサポート料(1,000~1,500円+税)は発生

3.アルピナウォーター
月間のノルマはないが、水を注文していない月も月額サーバーレンタル料(572円+税)は発生

クリクラならば、1ヶ月だけお水の注文を休んでも翌月・翌々月合わせてお水を6本買えば、追加費用は発生しません。

アクアクララとアルピナウォーターは、なるべくお水の配達をお休みしないようにするのがおすすめです。

解約金はかかる?~早期解約手数料比較~

電卓を持つ女性

早期解約手数料は、クリクラのみ無条件で無料です。アクアクララとアルピナウォーターも、他社ウォーターサーバー会社よりは条件がゆるめです。

クリクラとアクアクララは無料お試しができるので、まずはお試ししてみると安心です。

1.クリクラ
・早期解約手数料 なし
・無料お試し あり(通常お試し+クリクラママキャンペーン

2.アクアクララ
・早期解約手数料 契約から6ヶ月未満の場合、3,000円+税
・無料お試し あり

3.アルピナウォーター
・早期解約手数料 契約から1年未満の場合、4,762円+税
・無料お試し なし

クリクラとアクアクララは無料お試しをする方が多いので、まずは使ってみるのが良いでしょう。アルピナウォーターはランニングコストが非常に安いので、解約をせずに長く使えば非常にお得です。

また、クリクラには妊産婦~1歳未満の赤ちゃんがいる家庭限定クリクラママという無料お試しプランがあります。

最大9本(108L)のお水が無料でもらえるので、対象の家庭にはおすすめです。

まとめ~総合比較~

水を持ち微笑む女性

各項目で条件を比較してみて、クリクラ・アクアクララ・アルピナウォーターがそれぞれそんな方に向いているのかをまとめました。

1.クリクラ
総合的なコストパフォーマンスが良いのは、さすがウォーターサーバー業界大手といったところ。サーバーデザインにこだわらず、安さで選ぶならクリクラが良いでしょう。

■メリット
・関東エリア以外ではトータルコスト最安値(関東は10年以上使えば最安値になる)
無料お試しあり
・解約手数料なし

■デメリット
・サーバーのデザインが少ない
・3ヶ月に6本のお水を注文しないとサーバーレンタル料が発生する

クリクラ公式サイトはこちら

2.アクアクララ
トータルコストではクリクラ・アルピナウォーターに劣るものの、ウォーターサーバーのおしゃれさやバリエーションは随一。店舗や来客の待合室など、ひと目に触れる場所で使う場合におすすめです。

■メリット
・サーバーデザインが豊富
無料お試しあり

■デメリット
・3社の中ではトータルコストがやや割高
・早期解約手数料がかかる

アクアクララ公式サイトはこちら

3.アルピナウォーター
トータルコストは地域によってはクリクラに軍配が上がりますが、お水代は圧倒的最安値。お水代重視で選びたい法人や個人事業主の方にも向いています。

■メリット
・お水代は最安値
・関東エリアで使用の場合、トータルコスト最安値
・珍しいRO水「ピュアウォーター」を取り扱う

■デメリット
・サーバーのデザインが少ない
・北海道・四国・九州エリアはお水の送料が発生し、割高になる

アルピナウォーター公式サイトはこちら

次は、天然水ウォーターサーバーの主要3社、コスモウォーター・プレミアムウォーター・フレシャスの比較記事です。