天然水に含まれるミネラル成分の効果 栄養の特徴とは

ミネラル

天然水のウォーターサーバーやミネラルウォーターのことを調べていると、ミネラルが豊富、という文言をよく見かけます。しかし、ミネラルにどんな効果があるかは意外と知らない人も多いです。

実は筆者も、ミネラル成分について調べるまでは「なんとなく、体にいい」くらいのイメージしか湧いていませんでした。

ウォーターサーバーで扱われていることが多い「ナチュラルミネラルウォーター」という天然水は、水源の地層中のミネラルも溶け込んでいるので、ミネラル成分がたくさん含まれていることが魅力です。

今回は、天然水に含まれるミネラル成分の違いと効果について、それぞれご説明します。

そもそもミネラルとは

水を持つ女性

ミネラルとは、人間の体に必要な栄養素の一つです。農林水産省のHPでは下記のように定義されています。

地球上に存在する元素のうち、水素、炭素、窒素、酸素を除いたものをミネラルといいます。

およそ100種類ある元素の中で、人の体の中に存在し、栄養素として欠かせないことがわかっているミネラルとして、現在16種類(ナトリウム、マグネシウム、リン、イオウ、塩素、カリウム、カルシウム、クロム、マンガン、鉄、コバルト、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素)が知られています。

農林水産省 2017年7月)

ミネラルは無機質とも呼び、上記の通り人間の体に欠かせない栄養素です。しかし、ミネラルは体の中で作り出すことができないものが多いため、普段の食事から摂取する必要があります。

天然水に含まれる主なミネラル

川辺の女性

国内の多くの天然水(ナチュラルミネラルウォーター)に含まれているミネラル成分を、効果と合わせてまとめました。

1.カルシウム
効果:成長促進、イライラ解消、緊張緩和、高血圧予防など

人間の体の中で最も多いミネラルで、骨や歯を作り出すだけでなく、神経やホルモンを安定させたり、血圧の上昇を抑えたりといった働きがあります。

現代人に不足傾向にあるミネラルでもあり、不足すると骨粗しょう症のリスクが高まります。

2.ナトリウム
効果:細胞や筋肉の機能維持、神経の安定など

塩分に含まれるミネラルです。栄養素の吸収を助け、体の様々な機能を安定させてくれるミネラルです。

最近は塩分の摂りすぎによって生活習慣病になる人が増えたため、摂取を控える風潮がありますが、ナトリウムが不足すると疲労感やけいれんなどの症状が起こる危険性があります。

日常生活の中で不足することはまれですが、激しい運動をする方や下痢になった方は注意が必要です。

3.マグネシウム
効果:骨の形成、心臓病や糖尿病の予防、神経や血圧の安定など

カルシウムと同じく、骨や歯の材料となるミネラルです。ストレスがかかった際に抗ストレス作用によって消費されるので、現代人が摂取することが望ましい栄養素の一つです。

マグネシウムが不足すると、カルシウムと同様の骨粗しょう症のリスクだけでなく、神経や精神の疾患も引き起こす可能性があります。

4.カリウム
効果:むくみ解消、高血圧予防、利尿作用

細胞の浸透圧や血圧を安定させる働きがあるミネラルです。汗とともに失われるので、夏場はカリウムが不足する場合があります。カリウムが不足すると疲労感やめまいといった症状が出やすくなるため、夏バテの原因にもなります。

日常生活で摂取しやすいミネラルではありますが、塩分や糖分、アルコールを多く摂る人は不足しやすいので要注意です。

一部の天然水に含まれているミネラルもあります。採水地によって含まれるミネラルは異なります。

5.亜鉛
効果:免疫力向上、抗酸化作用、美肌、美髪など
主な採水地:富士山麓、日田

体内の約300種類の酵素に関わっており、全身にさまざまな影響を与えるミネラルです。細胞分裂や新陳代謝を助けることから、体の成長や美肌のためにも重要な栄養素です。不足すると、心身の不調や味覚障害などの症状が現れます。

加工食品は亜鉛の含有量が少ないので、よく食べる方は不足しないように気をつける必要があります。

■亜鉛を含む天然水ウォーターサーバー
コスモウォーター(日田の誉)
プレミアムウォーター(富士吉田)

6.バナジウム
効果:糖尿病予防、コレステロール値改善、新陳代謝促進、脂肪燃焼、
主な採水地:富士山麓

インスリンと似た働きをすることから、糖尿病の予防に効果があると話題のミネラルです。血糖値が下がると血流が良くなり、デトックス効果も高まるということから、美容やダイエットにも良いという口コミが多いです。

体に不足しても支障が出ないミネラルですが、より健康や美容に気を使いたい方にはおすすめです。

また、バナジウムが含まれた天然水は富士山麓の一定のエリアでしか採水できないため、非常に希少です。

■バナジウムには毒性がある?
バナジウムに毒性がある、という口コミを目にすることがあります。確かに、金属元素としてのバナジウムには一定の毒性があります。しかし、バナジウム天然水で体に害が出る危険性があるとは考えにくいです。

というのも、バナジウムを1日の摂取量目安以上摂ること自体が難しいのです。

バナジウムの1日の摂取量目安は、1.8mgまでという説が有力です。一方、バナジウム天然水のバナジウム含有量は平均約100㎍(マイクログラム)/L。

つまり、バナジウム天然水を1L飲んでも、バナジウムは0.1mgしか摂取できません。

1.8mgのバナジウムをお水だけで摂ろうとすると、1日18Lも飲まないといけない計算になるので、普通に生活をする分には心配には及ばないということです。

考えられるバナジウム天然水の毒性というと、インスリンの過剰摂取をした際に見られる下痢やエネルギーの低下という可能性がありますが、あまり心配しすぎず、気になる方は気軽に試してみても良いかと思います。

■バナジウムを含む天然水ウォーターサーバー
コスモウォーター(富士の響き)
フレシャス(FRECIOUS富士、FRECIOUS朝霧高原)
プレミアムウォーター(富士吉田)
kirala(キララ)
クリクラミオ
ふじざくら命水(無料お試しあり)

7.有機ゲルマニウム
効果:免疫力向上、疲労回復、血液をサラサラにするなど
主な採水地:富士山麓

漢方薬の原料の高麗人参などに多く含んでいる、体内で吸収しやすいミネラルです。ちなみに、ネックレスやブレスレットなどの健康グッズにもゲルマニウムを含むものがあるかと思いますが、これらは鉱石から採取される「無機ゲルマニウム」で、また別のゲルマニウムです。

まだ解明されていない点も多いですが、新陳代謝や免疫力を高め、血流を良くする効果が期待できるミネラルです。

■有機ゲルマニウムを含む天然水ウォーターサーバー
コスモウォーター(日田の誉)

8.シリカ
効果:美肌、美髪、アンチエイジング
採水地:阿蘇、富士山麓、金城

皮膚や髪、骨の中などに多くあり、それらの再生や成長を促進するミネラルです。美肌や美髪に効果がありますが、年齢を重ねると減っていきます。

美容やアンチエイジングなどに関心が高い方は特に意識して摂りたい栄養素の一つです。

シリカが含まれる天然水の中に、白い結晶が浮いてくる場合がありますが、シリカが結晶化して浮遊しているだけですのでご安心ください。

■シリカを含む天然水ウォーターサーバー
プレミアムウォーター(南阿蘇、金城)
kirala(キララ)
ふじざくら命水(無料お試しあり)

他にも、炭酸水素イオン(活性酸素の働き抑制による生活習慣病・老化予防)やサルフェート(デトックス効果)などのミネラルが含まれている場合があります。

健康や美容のために水を飲みたい方は、上記効果も参考にして選んでみると良いかもしれません。

ミネラル摂取の注意点

さまざまな健康・美容効果があるミネラルですが、摂取に気をつけたほうが良い場合もあります。

1.赤ちゃん(乳幼児)に飲ませる場合

笑顔のお母さんと赤ちゃん
生まれたばかりの赤ちゃんにとって、ミネラルを摂取しすぎると体に負担がかかってしまいます。赤ちゃん用のミルクなどに天然水を使う場合は硬度50~60mg/L以下の軟水にしておくと安心です。

もしくは、天然水よりミネラル含有量が少ない「RO水」をおすすめします。RO水は、水の不純物を99.9%取り除いた、限りなく純水に近い超軟水のお水なので、赤ちゃんへの体の負担も少ないです。

2.ペットに飲ませる場合

猫

動物はミネラルを摂りすぎると、結石ができやすくなるケースが多いです。ウォーターサーバーのお水を猫などのペットに与えたい場合も、硬度が低い天然水、もしくはRO水がおすすめです。

■RO水とは
RO(逆浸透)膜という、高浄化フィルターでろ過された水です。海水を真水にできるレベルのろ過が可能な、高い技術です。

ウイルスレベルの不純物まで除去することができ、放射能物質もカットすることができるので、安心安全な水として国内のウォーターサーバーでも提供されています。

日本のウォーターサーバーのRO水の多くは、不純物を取り除いた後にバランス良くミネラルを配合し、日本人が飲みなれた硬度に調整されています(デザインウォーター)。

ろ過後にミネラルを加えていない「ピュアウォーター(純水)」を扱うウォーターサーバーもありますので、気になる方は比較してみても良いかもしれません。

■RO水の代表的なウォーターサーバー
クリクラ(無料お試しあり)
アクアクララ(無料お試しあり)
アルピナウォーター(ピュアウォーター)
クールクー(定額制、水道水直結サーバー)

天然水とRO水の違いについてもっと知りたい方は、下記もご参照ください。

ページトップへ