美肌のために水を飲むコツ3つ 血行と代謝を上げて内側からキレイに

お水の勉強

美肌

女性の誰もが憧れる美肌。肌にとって、スキンケアや睡眠と同じくらい水を飲むことは大事です。

なぜなら、水をしっかり飲むことで血行代謝が良くなり、身体の中からきれいになることができるからです。

厚生労働省の調査によると現代人は水不足の傾向があるので、水を意識して飲むことで肌質が改善できる可能性があります。

また、血行や代謝が良くなると便秘の改善ダイエット効果など、他にも多くのメリットがあります。

今回は、水が肌に良い理由と、美肌のための水を飲み方をまとめました。

水が肌にとって大切な理由

スキンケアをする女性

水が美肌のために大事な理由は、血行促進代謝アップ肌細胞の水分を新しく保つ効果があるからです。

水を飲むと、血液量が増えることによって血行が良くなります。

血液は栄養分や酸素を全身に運び、同時に老廃物などの要らなくなったものも体外排出するという運搬を行っています。

血流改善によって肌にもビタミンなどの栄養が行き渡るようになり、老廃物を体外に排出=デトックス効果がアップします。

そして水を飲んで汗や尿などで排出するという循環を上げることで、新陳代謝が上がるので肌のターンオーバーを促進します。

また、肌細胞も常に古い水分と新しい水分を交換し、新しい状態をキープしようとするはたらきがあります。これにも体内の水分が必要なので、水分補給をすることで肌細胞を若く保つことができます。

肌にいい水の飲み方

前述の美肌効果をより高める水の飲み方の基本は、下記2点です。

  • 常温水~白湯を飲む
  • 1日1~2リットルを飲む
  • コップ1杯の水をこまめに飲む

常温水~白湯を飲む

白湯

肌のために水を飲むなら、常温のお水、もしくは白湯(湯冷まし)がおすすめです。

冷たい水に比べて常温水や白湯は身体が吸収しやすく、身体を冷やさないので内蔵に負担がかかりません。

特に白湯は、飲み続けることでダイエット効果もあるので、寝起き寝る前に飲むのがおすすめです。

筆者も寝る前と寝起きに白湯を飲んでいますが、特に寝起きに飲むと体が温まり、すっきりと目が覚める体感もあります。

また、ここでの「水」とは、お茶やジュースなどではなくミネラルウォーターなどの水を指します。

ジュースなどの糖分がたくさん入っている飲み物は、消化する際に水分を使うので、余計に喉が渇いてしまいます。

糖分を取りすぎると、老化や肌荒れにつながる糖化を促進してしまうので、なるべくお水を飲むようにすることをおすすめします。

「炭酸水」もおすすめ

炭酸水に溶け込んでいる二酸化炭素には、血流を良くして新陳代謝をアップする効果があります。

細胞のターンオーバーが正常に行われるようになるので、炭酸水を飲むのも美肌にはおすすめです(→炭酸美容について詳しく)。

ただし、市販のコーラやサイダーは砂糖が多く入っているので、なるべく味がついていない炭酸水が望ましいです。

最近はコンビニに500mlペットボトルの炭酸水も見かけるようになりましたが、常に自宅で飲めるようにしたい場合は炭酸水も飲めるウォーターサーバーもあります。

味のない水が飲みづらいという人は、水にフルーツなどを入れるデトックスウォーター(フレーバーウォーター)を作ってみても良いかもしれません。

芸能人やセレブが美容のために飲んでいる水で、入れるフルーツによってさまざまな効果を得ることができます。

1日1~2リットルを飲む

ペットボトル

水を飲む量は、1日1~2リットルほどが目安です。

水を一気に飲んだり、4リットルを超える水を飲むと水中毒になるリスクがあるので、注意が必要です。

1日に必要な水の目安

人間の身体は汗や尿などによって1日に約2.5リットル以上の水分を失っています。

そのうち、1~1.3リットルほどは食事や水分代謝によって水分補給ができます。なので、残りの水分は水を積極的に飲むことで摂取する必要があります。

以上を計算すると、1日に最低限摂っておきたい水分量の目安は1.5リットルです。

日常的に汗をかいたり運動をする人は、2リットルほど水を飲んでも大丈夫です。

また、お酒を飲んでアルコールを摂取した日も、多めに水を飲むと脱水症状を避けることができます。

コップ1杯の水をこまめに飲む

水が入ったコップ3つ

一度に飲む量はコップ1杯分(200~250ml)程度にすると体に負担がかかりません。

喉が渇いた時点では軽い脱水症状になっているので、なるべく常に水分が足りているようにすることが大切です。こまめに水を飲めば、1度に飲む水分量はコップ1杯程度で十分足ります。

ちなみに、特に脱水になりやすいタイミング、つまり、しっかり水を飲んでおきたいタイミングは寝起き、入浴の前後、寝る前です。

人間は寝ている間に汗腺が活発に働き、コップ1杯以上の水分を失います。睡眠中に脱水になると寝付きが悪くなる可能性もあるので、寝起きと寝る前にはしっかり水分摂取をしておくことが望ましいです。

また、10~15分ほど湯船に浸かると500ml以上の水分を失います。特に脱水に陥りやすいタイミングなので、入浴の前と後も水分補給を忘れないようにしてください。

参考までに、就寝前後・入浴前後を押さえた上で、1日8回の水分補給をするスケジュールを考えてみました。

■1日にコップ8杯の水を飲むスケジュール例

1.寝起き
2.朝食前
3.昼食前
4.ティータイム
5.夕食前
6.入浴前
7.入浴後
8.寝る前

このように2~3時間に1度の水分摂取を具体的にイメージしてみると、無理なく飲みやすいと思います。

しっかり水が飲めるようになると、2~3時間に1度トイレに行くようになっていくかと思います。体内の老廃物が排出できているサインなので、デトックス効果を実感しやすいと思います。

飲む水はなんでも良い?ミネラルウォーターがいい?

水は水道水でもミネラルウォーターでも問題ありません。

日本の水道水は世界トップクラスの安全性なので、気にならなければそのまま飲んでも大丈夫です。

気になる方は、浄水器の設置やミネラルウォーターのペットボトルまとめ買い、ウォーターサーバーのレンタルなどがおすすめです。

ミネラルウォーターは軟水、硬水、どっちにするか

コップを持って悩む女性

ミネラルウォーターにはミネラルの溶け込んでいる量によって軟水硬水に分かれます。

カルシウムやマグネシウムなどのミネラルも肌に良い栄養分なので、もし効果を最大限にしたいのであれば硬水(コントレックスやエビアンなど)を取り入れるのが望ましいです。

しかし、硬水は日本人が飲み慣れない味わいで苦手な人も多いので、継続して飲みやすいのであれば軟水でも構いません。

もしくは、中軟水という硬度がやや高めの軟水はミネラルも程よく多く、飲みやすいです。市販のペットボトル飲料では、ボルヴィックなどは中軟水に入ります。

中軟水はスーパーやコンビニではあまり置いていないので、気軽に飲むならウォーターサーバーがおすすめです。

ウォーターサーバー大手のコスモウォーター・プレミアムウォーター・フレシャスでは、中軟水のウォーターサーバーが選べます。

特にプレミアムウォーターでは、美肌効果があるミネラル「シリカ」が入ったシリカ水も扱っています。

水を飲む美肌以外のメリット

水を持つ女性

水を飲んで得ることができる血行促進・代謝アップなどの効能は、美肌以外にもたくさんあります。

■水を飲んで得られるメリット

  • 便秘解消
  • 冷え性の改善
  • 低体温の改善
  • ダイエット効果
  • むくみの改善
  • 自律神経を整える
  • 慢性頭痛の緩和
  • 生理痛の緩和

現代の女性が抱えるさまざまな悩みに効果的な水。水を飲むだけでこれだけの嬉しい効能があるので、日常的に水や白湯を飲むことをおすすめします。

特に、浄水器やウォーターサーバーなど、水をいつでも飲める環境を整えると水を飲む習慣が身につきやすいです。

次は、無料お試しができるウォーターサーバーの記事です。