一人暮らし向けウォーターサーバーの選び方 安いのは?ノルマがゆるいのは?

一人暮らしの女性

一人暮らしの方がウォーターサーバーを導入すると、買い物やお湯を沸かす手間が省ける便利さや、質の高い水を飲んで健康になれるメリットがあります。

すぐに温かいスープやコーヒーがすぐ飲める、ペットボトルの水を買いに行かなくて済む、天然水でミネラルを補給できるなど、忙しい一人暮らしの方にとってもウォーターサーバーはとてもありがたいアイテムです。

ただし、ちゃんと一人暮らし向けのウォーターサーバーを選ばないと、こんなはずじゃなかった、となるかもしれません。

よく聞くのは、お水のノルマの話です。ウォーターサーバーには、毎月のお水の最低注文量が決まっている場合があります。そのノルマが消費できず、水が溜まっていく…ということになってしまう方もいます。

今回は、ノルマの他にも一人暮らしでウォーターサーバーを検討する際に確認した方がいいポイントをまとめてみました。

そのポイントをふまえて一人暮らし向けウォーターサーバーをピックアップした後、価格を比較して一人暮らし向けの最安値ウォーターサーバーを見つけます。

一人暮らしのウォーターサーバー選びで気をつけること

まずは、一人暮らしでウォーターサーバーを検討する際に見ておくと安心な条件を4点、確認します。

複数人世帯ファミリーではあまり気にする必要がない、お水の消費量やサーバーの大きさは大事なポイントです。

お水ノルマの確認

お水のノルマ

ウォーターサーバーによっては、月々に消費するお水のノルマが決まっています。

自分が飲む水の量以上のノルマが設定されている場合、お水が消費しきれずに溜まっていく・・・ということになってしまうので、確認しておくと安心です。

お水のノルマの平均は1ヶ月24リットルです。1日1リットルのお水を飲んでいれば一人でも消費できる量ですが、外食が多い方は注意が必要です。

朝晩に自宅でお水を飲むのにくわえて、日中の外出時にもウォーターサーバーのお水を持ち歩いていれば無理なく消費できるかと思います。

一人暮らしの味方「配送スキップ」

ウォーターサーバーはお水を定期的に届けてもらえますが、配送を1回休む「配送スキップ」が使える業者が多いです。

例えば、1ヶ月サイクルで水を頼んでいる場合、1回スキップすると次の配送は翌々月になります。

主要なウォーターサーバーでは、1ヶ月だけなら無料でお休みできる業者がほとんどです(多くが2ヶ月連続で配送を休止すると手数料がかかります)。

一人暮らしの方はうまく活用すれば、お水が余ってしまうことを防げます。

また、ノルマがゆるめ、もしくはノルマ自体がないウォーターサーバーもあります。

天然水ウォーターサーバーのクリクラミオ
少し長めの6週間サイクルが選べます。送料無料になるのは8リットル×3本(24リットル)からですが、8リットル1本から注文することも可能です。

一番安く、かつゆっくりペースでお水を注文する方法は、「1ヶ月の配送スキップを使って6週間サイクルで注文」です。6週間×2ヶ月=3ヶ月で24リットル、つまり1ヶ月あたり8リットルペースでお水を飲めます。

1日500mlペースでお水を飲んでも消費できる量なので、これなら無理なく続けられそうです。

アクアクララ
定期配送ではなく「注文が入ったらお水をお届け」が可能なので、ノルマがありません。定期配送も地域によって相談できます。

お水の交換のしやすさ

疲れた女性

これは一人暮らしの女性が確認すると良い条件です。ウォーターサーバーのボトルは、大きいものだと12リットル入りです。これは、女性1人で交換するには少し重めです。

ウォーターサーバーの上部にお水のボトルを設置するタイプの場合、12リットルボトルを胸のあたりまで持ち上げる必要があります。

ボトル交換が不安な方は、ボトルを足元で交換できるサーバーか、お水が軽量ビニールパックに入っているタイプを選ぶと安心です。

女性でも簡単に水が交換できるウォーターサーバー

■足元交換タイプのウォーターサーバー

ウォーターサーバーの上部にボトルを設置するのではなく、サーバー下部にボトルを収納することで設置ができるモデルがあります。

女性でも片手で12リットルボトルが設置できることが評判で、コスモウォーターが導入してから増えてきました。

■軽量ビニールパックに入ったお水

お水がボトルではなく、ビニールパックに入っているものもあります。水の容量が6~8リットルくらいと少なめで、簡単にサーバーに取り付けることができます。

また、お水を飲んだ後のビニールパックがコンパクトに捨てられるので、ごみがかさばらないというメリットもあります。

おしゃれサーバーのフレシャスや、浅田真央さんのCMで話題になったkirala(キララ)では、軽量ウォーターパックを採用しています。

ボトルの種類と配送方法

配達

お水がビニールパックに入っている場合は使い捨てですが、ボトルに入っている場合は使い捨ての場合と再利用の場合があります。

■使い捨て(ワンウェイ方式)の場合
お水は佐川急便やヤマト運輸などの宅配便で届き、使い終わったら資源ごみとして捨てられます。ワンウェイ方式の場合は、日時指定ができる業者が便利です。

不在時にお水の配達があった際は、不在票から再配達依頼をします。一般的な宅配便と同じ配送方法と思えばイメージしやすいかと思います。

■再利用(リターナブル方式)の場合
お水はウォーターサーバー業者のスタッフの方が届けてくれます。その際に空になったボトルを回収してもらう仕組みです。

不在時は、業者から借りることができる空ボトル用のバッグを使います。バッグに空ボトルを入れておいて外出すると、その間にスタッフの方がボトルを回収し、新しいボトルをバッグに入れていってくれます。

再配達の手間はいらないのがメリットですが、廊下の幅が狭い場合などは邪魔になってしまう可能性があります。不安な場合は事前にウォーターサーバー会社や大家さんに相談しましょう。

コンパクトさ

一人暮らしのワンルームなど、スペースが限られたお部屋で暮らしているとサーバーのコンパクトさも重要です。

最近はスリムサーバーや卓上型のサーバーも増えているので、お部屋の設置予定スペースを考えた上で選ぶと失敗がありません。卓上ウォーターサーバーは主要なウォーターサーバー業者のほとんどで扱いがあります。

kirala(キララ)の床置きウォーターサーバーは業界最薄18cm、デザインもオシャレです。

他にも、ウォーターサーバーの幅が平均30センチ少々の中で幅27cmのスリムサーバーがあるプレミアムウォーターもおすすめです。

一人暮らし向けウォーターサーバーのコスト比較

ピンクと青の財布

先程見た、一人暮らしでのウォーターサーバー選びの条件4点を満たすウォーターサーバー業者のコストを比較してみます。

  • コスモウォーター
  • フレシャス(省エネサーバー「デュオ」)
  • プレミアムウォーター(スリムサーバー)
  • キララ
  • クリクラミオ
  • アクアクララ(省エネサーバー「アクアアドバンス」)
  • アルピナウォーター
業者 お水代(500mlあたり) お水の送料 サーバーレンタル料(月) メンテナンス料(月) 電気代(月)
コスモウォーター 52円 or 79円 0円 0円 0円 465~708円
フレシャス(デュオ) 81円 0円 0~500円 0円 330円
プレミアムウォーター(スリムサーバー) 70円 0~1,000円 0円 0円 504~630円
キララ 73円~ 0円 1,200円 0円 記載なし(エコモードあり)
クリクラミオ 69円 0~500円 0円 0円 700円
アクアクララ 50円 0円 0円 1,500円 350円
アルピナウォーター 39~43円 0~459円/箱 0円 0円 800~1,000円

※価格はすべて税別です

では、総合して一番安いウォーターサーバーはどれか調べてみた結果、天然水は「クリクラミオ」、RO水は「アルピナウォーター」が最安値です。

なぜクリクラミオ・アルピナウォーターが安いのか

コップを持って悩む女性

お水代や電気代では他の業者が最安値ですが、クリクラミオとアルピナウォーターが一番安いと判断した理由を順にご説明します。

RO水のアクアクララ・アルピナウォーター比較

アルピナウォーター

アクアクララ・アルピナウォーターは天然水ではなくRO水を扱っているため、お水代が他社に比べて格安です。不純物を99%以上取り除いて製造するRO水は、天然水に比べて製造コストが安いためです。

しかし、この2社にはお水代以外のランニングコストがかかるというデメリットがあります。

アクアクララの省エネサーバーは電気代が安いものの、「あんしんサポート料」という月額メンテナンス料1,500円+税が発生します。電気代と合わせると、お水代以外に1,850円のランニングコストが必要です。

同じRO水を扱うアルピナウォーターは、本州エリアであればお水の送料は無料になりますが、省エネサーバーがないので電気代が最大1,000円ほどかかります。

電気代例が公式サイトに掲載されていませんが、エコモードを夜間に使用すれば多少抑えられるかとは思いますが、おそらく800円ほどは必要になるかと思います。

しかし、お水代が24リットル2,058円と格安なので、結果的に同じRO水のアクアクララより安くなります。

■アルピナウォーターの1ヶ月のコスト例(税別)

例えば、本州エリアで1ヶ月にワンウェイボトル24リットルを利用した場合のコストは下記のとおりです。

■合計:3,058円
・お水代 8L 686円 × 3本 =2,058円
・電気代 約1,000円

天然水ウォーターサーバー5社比較

クリクラミオ

クリクラミオは、他に挙げた天然水ウォーターサーバーと比べてお水代が安く、お水代以外のコストがかからないことが最安値の決め手でした。

1回のお水の注文が24リットル(8L×3本)以下だと送料が500円発生しますが、前述の通り「6週間サイクルの定期購入」と「配送スキップ」を使えば、無理なく送料無料にできます。

お水のボトル容量が8リットルと少なめなので、女性でも無理なくボトル交換が可能です。

■クリクラミオの1ヶ月のコスト例(税別)

例えば、1ヶ月に24リットルを利用した場合のコストは下記のとおりです。

■合計:4,030円
・お水代 8L 1,100円 × 3本 =3,300円
・電気代 約700円

■コスモウォーター
クリクラミオと僅差でしたが、ほぼ同水準の安さです。足元でボトル交換できるサーバーや、卓上サーバーの方が良い場合は、コスモウォーターでも良いかと思います。

■フレシャス(デュオ)
電気代が圧倒的に安いですが、お水代が5社の中で一番高かったことと、前月に57.6リットルのお水を使っていないとサーバーレンタル料500円+税が発生してしまうことがネックです。

お水ダイエットで毎日2~3リットルの水を飲んだり、料理にも積極的にお水を使ったりしないと、この量の水を1人で消費するのは大変かと思います。

■プレミアムウォーター
送料無料の地域に住んでいれば最安値です。しかし、送料はお水の種類によって細かく分かれているので、しっかり確認する必要があります。

プレミアムウォーター配送料一覧

(2017年8月時点での送料表)

7リットルボトルは沖縄以外で送料無料ですが、500mlあたり110円+税になってしまうので割高です。

■キララ
サーバーレンタル料1,200円+税が発生してしまうため、5社の中では最高値でした。

ただし、最薄サーバー・軽量ウォーターパックで交換しやすいことに加えて、炭酸水キットが安価で利用できるメリットがあります。健康と美容のために試してみたい方は検討してみてもいいと思います。

クリクラミオとアルピナウォーターのメリット・デメリット

マルバツ札を持つ女性

クリクラミオとアルピナウォーターの、一人暮らしにおけるメリットとデメリットは下記の通りです。後は、お好みで選ぶと良いと思います。

■クリクラミオのメリット・デメリット

メリット

  • 6週間サイクルでゆっくり消費できる
  • ミネラル豊かな天然水が飲める
  • A4用紙ほどの床面積に置けるスリムなサーバー

デメリット

  • サーバーデザインは床置き1種類しか選べない
  • RO水に比べるとお水代が少し高い

クリクラミオ
公式サイトはこちら

■アルピナウォーターのメリット・デメリット

メリット

  • 安心安全なRO水(ピュアウォーター)が飲める
  • 業界最安値のお水代
  • 関東エリアはワンウェイ・リターナブルを選べる

デメリット

  • 電気代は少し高め
  • 本州以外の地域は配送料がかかる
  • リターナブルボトルは1本12リットルと少し重め

アルピナウォーター
公式サイトはこちら

ページトップへ