ウォーターサーバーと浄水器の違い、結局なに?コスト・質・手間などを比較し尽くす

ウォーターサーバーの豆知識

ウォーターサーバーと浄水器の比較

おいしいお水を飲みたいと思った時、検討できる方法はいろいろあります。特に、気軽に自宅へ導入できるのはウォーターサーバー浄水器です。

どちらもきれいなお水を飲めるようになるツールですが、どちらかを決めるには色々な条件で比較する必要があります。

筆者が調べてみた感想は、コストを抑えられるのは浄水器、お水の質を追求するならウォーターサーバー、手間などその他の条件は五分五分、でした。

では、具体的にウォーターサーバーと浄水器の違いを見ていきましょう。

どっちが安い?~コスト比較~

財布と電卓を持つ女性

どちらもいろいろなプランがありますが、一般的には浄水器の方が安いです。

浄水器は月のランニングコストを1,000~2,000円にすることも可能ですが、ウォーターサーバーは安い業者でも2,000円~3,000円はかかります。また、浄水器は電気代がかからないのもメリットです。

浄水器の料金目安

■蛇口直結型

  • 本体代(初期費用) 1,000~10,000円
  • カートリッジ代 500~2,000円/月

■据え置き型

  • 本体代(初期費用) 10,000~200,000円
  • カートリッジ代 1,000~2,000円/月

■アンダーシンク型

  • 本体代(初期費用) 30,000~400,000円
  • カートリッジ代 1,000~2,000円/月
ウォーターサーバーの料金目安

■天然水ウォーターサーバー

  • 初期費用 0円~
  • サーバーレンタル費 0~2,000円/月
  • サーバーメンテナンス費 0~1,000円/月
  • お水代 3,000円~/月
  • お水の配送料 0~500円/月
  • 電気代 500~1,000円/月

■RO水ウォーターサーバー

  • 初期費用 0円~
  • サーバーレンタル費 0~2,000円/月
  • サーバーメンテナンス費 0~1,000円/月
  • お水代 2,000円~/月
  • お水の配送料 0~500円/月
  • 電気代 500~1,000円/月

■定額ウォーターサーバー(水道水直結)

  • 初期費用 10,000~20,000円
  • サーバーレンタル費 3,000円~5,000/月
  • サーバーメンテナンス費 0~5,000円
  • 電気代 500~1,000円/月

浄水器もウォーターサーバーもプランや機種によって価格の幅が大きいですが、最上位モデルなどの例外を除けば浄水器の方が安く始められます。

お水の味や安全性は?~質比較~

コップを持って悩む女性

まず、お水の安全性についてです。結論から言うと、浄水器もウォーターサーバーも安全なのでご安心ください。

「水道水を飲みたくないから浄水器はいや」という口コミを見かけることもありますが、日本の水道水はWHOの基準に基づいた水質調査によって、世界でトップレベルの安全性を確保されています。

そもそも、実は水道水を飲むことができる国というのは世界的に見てもまだまだ少数派です。

地域によって、またはマンションなどの集合住宅の場合は、カルキの臭いが強い場合があります。しかし、水道局では「生涯飲み続けても人体に影響が出ない水質」のお水を供給しています。

それでも冒頭で「質の高さはウォーターサーバー」とお伝えしたのは、3つのメリットがあるからです。

ウォーターサーバーのメリット1:天然水とRO水が選べる

水と空

ウォーターサーバーの水の種類には、大きく分けて天然水とRO水という2種類の水があります。

「天然水」と「RO水」の違いとは

■天然水
その名の通り、自然環境の中で生まれた湧き水を原水とする水です。ミネラル豊かな軟水なので、日本人の多くがおいしいと感じる水です。

■RO水
RO(逆浸透)膜という高浄化フィルターで不純物を99%以上取り除いた水です。放射能物質やウイルスも除去しているので、水道水以上に安全性が高い水です。

どちらの水も食品衛生法に基づいて販売される安全性の高い水です。採水地ごとの味わいやミネラルが楽しめる水を飲みたい方は天然水、赤ちゃんのミルク用など安全性を重視したい方はRO水を選ぶ傾向があります。

浄水器から出る水道水よりおいしい水が飲みたい向けの天然水か、より安心して飲めるお水が良い人向けのRO水が選べる。ウォーターサーバーのメリットのひとつです。

ウォーターサーバーのメリット2:温水と冷水が出る

ハーブティーを飲む女性

ウォーターサーバーにしかない機能として、温水と冷水が出せるというメリットがあります。

コストが安いペットボトル買いから、ウォーターサーバーに切り替えた人の理由も「すぐにお湯が出るのが便利」という声がとても多いです。

ウォーターサーバーによっては、サントリーのように常温水、ぬるめのお湯、沸騰直前のお湯、冷水の全てが使えるものもあります。

温かい飲み物をよく飲む人だけでなく、カップラーメンをよく作る人、赤ちゃんのミルク作りにお湯を使う人など、幅広い層にとって便利な機能です。

ウォーターサーバーのメリット3:水素水や炭酸水を作れるものもある

炭酸水

健康や美容のために水を飲む人が増えてきたことで、水素水や炭酸水も作れるお手頃なウォーターサーバーが登場してきました。

浅田真央さんがブランドパートナーを務めるkirala(キララ)では、ウォーターサーバーと一緒に炭酸水キットもレンタルできます。500mlあたり111円+税で炭酸水もお湯も水も飲めるプランもあります。コンビニで買うペットボトルより安いですね。

純水に近いピュアウォーターが飲めるアルピナウォーターでは、水素水サーバーを一緒に使うことでいつでも作りたての水素水を飲むことができます。人によっては500mlあたり59円+税で水素水が飲めます。

浄水器にも水素水や炭酸水が作れるアタッチメントがありますが、ウォーターサーバーのセットに比べると高価なものがほとんどです。

体に良いお水を手軽に取り入れられるプランがあるのも、ウォーターサーバーのメリットです。

お手入れは?設置は?~手間の比較~

疲れた主婦

ウォーターサーバーも浄水器も毎日飲むお水を作る機械なので、お手入れや設置の手間も気になるかと思います。

手間については・・・筆者は、同じくらいだと思います。

ウォーターサーバーのお手入れや設置

■お手入れ
セルフクリーニングは、給水口などの汚れを定期的にお掃除する必要があります。セルフクリーニングをしないと、カビなどの原因になり水にも影響が出てしまいます。

定期メンテナンスはウォーターサーバーによって異なります。高度な自浄クリーニング機能が搭載されたサーバーはメンテナンス不要の場合もあります。

もしくは、1年に1回などの頻度でウォーターサーバー会社のスタッフの方がメンテナンスに来てくれたり、新しいサーバーと交換してくれたりします。

■設置
宅配ウォーターサーバーは、業者がサーバーをお部屋まで設置してくれる場合もあれば、宅配便で届いて自分で設置する場合もあります。

いずれにせよ、サーバーを置いてコンセントを差すだけで設置は完了するので、簡単です。

定額制の水道水直結ウォーターサーバーは、水道管にサーバーを繋げるのでスタッフの方による工事が必要ですが、何も問題が起こらなければ1時間前後で終わります。

浄水器のお手入れや設置

■お手入れ
セルフクリーニング以外に、フィルターカートリッジの定期的な交換が必要です。カートリッジ交換を怠ると、水をきれいにする力が下がってしまいます。

カートリッジ交換の頻度は機種によりますが、最も普及している蛇口直結型は2~6ヶ月に一度の交換が必要です。それなりの頻度で交換が必要なので、忘れないようにしましょう。

■設置
工事無しで簡単に取り付けらる蛇口直結型などのタイプもあれば、設置工事が必要なアンダーシンク型などもあります。工事費は5万以上、高いものだと10万円を超えるケースもあるようです。

蛇口直結型は設置スペースが不要で、据え置き型などもウォーターサーバーより省スペースなところは浄水器のメリットです。

ウォーターサーバーが向いている人、浄水器が向いている人

マルバツ札を持つ女性

以上を踏まえて、ウォーターサーバーと浄水器がそれぞれ向いている方は下記の通りです。

■ウォーターサーバーが向いている人

  • おいしい天然水や安全なRO水が飲みたい
  • 炭酸水や水素水を取り入れてみたい
  • サーバーを設置するスペースが確保できる

■浄水器が向いている人

  • 安さ重視できれいなお水が飲みたい
  • 省スペースにこだわりたい
  • カートリッジ交換が定期的にできる

お水を毎日しっかり飲むことで代謝が上がり、様々な病気の予防にもなります。ご自身やご家族に合った水を選ぶ参考にしていただければと思います。